『どれだけ早く結果を出すか』より大切なのは『どこまでできるか』だという結論

大切なことはどこまでできるか メンタル

こんにちは、よめちゃんです



すいません。
タイトルで『どれだけ早く結果を出すか』より大切なのは『どこまでできるか』と書いていますが、そもそも結果でておりません。笑


なので結果が出てない女の戯言だと、思っていただいて結構です



なぜ今回このお話を記事にしたかというと、
Twitterで『本気でブログ収益化のためにアドバイスします!』という人とつながり、思ったことがあるのでここで書き殴っていこうかと。



そもそもアドバイスをなぜお願いしたか


『1か月で〇千人達成!』
『1か月で収益5桁!』



こういった人ばかりが
Twitterで目にすることが多くて
結果(収益)が出ない自分は才能がないのか…?と
比べてしまうことが、少なからずあったため焦っていたと正直にいいます


しかもゆっくり自分のペースでいこう!とか
自分には自分のやり方があるなどの
言い訳付きだから困る


早く結果を出さないといけないの??やる意味ないの?

早く進まないと


短期間で結果を出している人は
やっぱり注目されやすい


才能もあるしセンスもあるし
努力の賜物でもあるのはわかる


そしたら
短期間で結果が出ない人は
努力していないのかというと、それは違う



努力はしているが、結果につながらない人

これだと感じた

(そもそも努力の量が少ないとか、努力をしているかしていないかじゃなく、努力をしているけど…に焦点を当てているので努力量は今回省く。)



始めにTwitterで出会った人に
アドバイスをお願いしたといったけど、
実際具体的なアドバイスはなく
ただのコンサルへの勧誘だった。


その人が言っていたのは
『努力を続けても結果(収益化)がでなければ、意味がない』
『もしやるなら最短で稼ぎたいですよね?』


確かに最短で結果が出ればうれしいし
なによりお金も時間も支出が少ないうちに成功したいとは、だれでも思うはず


自分は〇年、時間もお金もかけて
悩みもがき苦しんで
それで結果をだしたい!(・`д・´)


なんて人はいないでしょう



だけど

『早く早く言われるけど、早く結果を出さないと本当に意味がないのか?』

『短期間で成功して、そのあともずっと継続して成功している人は一握りじゃない?』

と思った


こんなこといってるけど
時間は長いようで短い


できる限り最短で最大の努力を注ぐ必要はある


だけどそれよりも
・自分がどこまでできるか
・自分が想像すらしていなかったことまでできるようになる



この感覚が大切だと感じた

せーので進む必要はない。早くいきたいならお先にどうぞ

お先にどうぞ



一緒にがんばろうねといっていたあの人、
なんかわたしより成長するスピードはやくなってない?


わたしより後に始めたのに…
あれ?


とか、たまに思う
たまにね



基本的に、みんな一人で頑張っている、と思う


みんなそばにいるようで、孤独だ
この記事を考え、
パソコンに向かい
打っているときも一人だ




・自分がどこまでできるか
・自分が想像すらしていなかったことまでできるようになる


これをちゃんと意識していないと
すぐにふらふら芯がブレてしまう



ひとりで勝手に焦って
やばい!あの人はもうそこまでできてるんだ!(;´Д`)
とついつい
目先の楽な選択肢を選んでしまう


だから○○万円お金を払って
最短で結果を求めて
安心材料を買ってしまうのだと感じた


もちろんそれが悪いとは言っていない


電話している人が言っていたのは
『子供の習い事のように、大人もお金をだして勉強する必要がある』と。


確かに一理ある
勉強しない大人は嫌だ



でもただシンプルに
自分の時間を大事にして
いまの自分が想像もできなかった自分に出会えると信じている



2か月前は
ブログのことは知っていても
やっていなかった


2か月後の今、ブログをやって
こんな記事も書いちゃってるし
こんな思いにも気づけちゃってる


いまからさらに2か月後
どうなっているだろう


想像できない光景を楽しんでいるかな?


だから早く結果を出すことよりも、どこまでできるかを楽しみたい


その気持ちを大事にしたい




▶2か月経って感じた初心者なりの思い




スポンサーリンク
プロフィール
ラーメン屋の嫁ちゃん

【旦那×らーめん×下ネタ=よめちゃん】▶経験談、リアル飲食店の実情を発信▶ひとりの力で稼ぎたい!と心に決め、奮闘中●旦那大好き●本・映画・筋トレ・食べること・北海道大好き

ラーメン屋の嫁ちゃんをフォローする
メンタル
ラーメン屋の嫁ちゃんをフォローする
らぁめん屋の嫁ですが?

コメント

タイトルとURLをコピーしました