【耳をすませば】が教えてくれた、図書館に行くメリットはこれだ!

耳をすませばが教えてくれたこと ヒミツ

こんにちは

【らぁめん屋の嫁】よめちゃんです


今回はわたしの大好きなジブリ作品
【耳をすませば】が教えてくれた
図書館に行くメリットはたった1つ!

ということを、お答えます


みなさんは
図書館行ったことありますか?


図書館じゃなくても
学校の図書室はあるかな?


えっ?
図書館も図書室も
行ったことがない?


あちゃ~!!
そんな人はみすみす
メリットを逃している!


この記事を読んだあと
図書館にぜひ行ってほしい!


現実が待っているよ


>>>この記事を書いている人はこんな人



【耳をすませば】が教えてくれた、図書館に行くメリットはこれだ!

図書館の本棚



みなさんの
図書館のイメージってなんですか?



お年寄りの憩いの場
学生たちのきゃぴきゃぴ青春を楽しむ場
小さい子どものための場



そう!!
【耳をすませば】が教えてくれた
図書館に行くメリット
『出会い』です!


わたしが小学生のころ
テレビではじめて
【耳をすませば】を観て
『なんだ!この素敵な場所は!』と感じ
それほど大きくない
地元の図書館にはじめて行きました


そのころはまだ本の背表紙に
図書貸出カードがあって
それに名前を書いて借りていました


図書貸出カードが
ぼろぼろで古くて
名前もあまり書かれていないものがあったら
『ふっふっふっ。この本を知る小学生はわたしだけなのだな…( ̄ー ̄)ニヤリ』とか思っちゃったり


逆にあたらしいカードの一番上に
自分の名前が書かれている本は
『わたしが一番だ~~!ウェ~イ!!』
とか思っちゃったり


今思えば変な小学生だな…


いろんな『出会い』がありますが
今あなたの頭の中で浮かんだ
『出会い』はなんですか?

図書館に行くメリットは『出会い』:あなたの思い浮かんだ出会いとは?

何かを見つける女性



あなたの思い浮かんだ
『出会い』とはなんですか?


人との出会い
知らなかった自分との出会い
新しい道との出会い


ここで【耳をすませば】を
思い出してください

月島雫は読書が好きな中学3年。ある日、父の勤める図書館で自分が借りた本の読書カードにいずれも「天沢聖司」という人物の名前があることに気がついたことから、自分の中で存在感が膨らんでいき、どんな人なのか思いを馳せる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/耳をすませば#あらすじ


※読書カードは図書カードと同じです


図書カード…図書館……
出会い…


そう!!!恋との出会い!!!(真剣)
わたしはマジで信じちゃったわけですよ


今は大人になったから
わかりますよ?


でも小学生は信じる!
図書館に行けば恋ができると!!
真剣に出会いがあると思った!!

そしてほぼ毎日
自転車をこぎ
図書館に通った



がっ!!しかーし!
若い男はいない


それなら図書カードに期待しよう


またまたしかーし!!
いつも同じ名前などないではないか!


えっ?どゆこと?……えっ?
そう。
わたしは甘くない現実を知りました


でもね、ほぼ毎日
自転車をこいで
図書館に通った熱意は
無駄にはならなかった


現実を知ったわたしだけど、無駄にはならなかった


当初の目的をわすれ
わたしは恋とか
もはやどうでもよくなるほど
図書館がすきになり
本がすきになった


【耳をすませば】のように
恋との出会いはなかったけど


図書館通いは無駄にはならなかった


あたらしい自分との出会いが生まれた


大人になった今でも
【耳をすませば】はすきだし
本もかわらず読んでいる


ここで大事なのは
行動のきっかけがなんであれ
自分の求めているものが
手に入らなかったとしても
やり続けていれば
別の何かがうまくいく可能性がある
ということ


【耳をすませば】には
本当に感謝したい


わたしを行動させてくれた
きゅんきゅん恋物語は
永遠に語り継がれていくべき作品だ


最近はめっきり
図書館にはいかないで
ネットで本を買うようになってしまった


(小学生のころは
お金がないので本を買えないから
図書館に行くのは当たり前か…)


それでも本を買うときに
図書館に通ったころの
ドキドキ感はもうない



わたしが電子書籍を
苦手とする部分はいろいろあるけど、一番の理由はドキドキ感がないからかもしれない


本のにおい
紙をめくる音
ここまで読んだんだ~という達成感の厚さ


あたらしい自分との出会い

いろんな出会いを教えてくれる
図書館という場所は
素敵な場所だとあらためて
考えさせられた


また図書館にいってみようと思う


みなさんももう一度いってみませんか?


行ったことがない方は
【耳をすませば】のような恋が、始まるかも???


▼同じ本つながりで
アルコール依存症のことがわかりやすく描いているおすすめの漫画


▼読みやすくいますぐ簡単に実行しやすいマネー本もご紹介



スポンサーリンク
プロフィール
ラーメン屋の嫁ちゃん

【旦那×らーめん×下ネタ=よめちゃん】▶経験談、リアル飲食店の実情を発信▶ひとりの力で稼ぎたい!と心に決め、奮闘中●旦那大好き●本・映画・筋トレ・食べること・北海道大好き

ラーメン屋の嫁ちゃんをフォローする
ヒミツ
ラーメン屋の嫁ちゃんをフォローする
らぁめん屋の嫁ですが?

コメント

タイトルとURLをコピーしました